弁護士になろう

弁護士、裁判、検事に興味があります。法律に関する情報を発信していきます。

総務省の人口統計データと債務整理相談者の世代には密接な関係があります。住宅という大切な資産を手に入れた引き換えに、数十年に渡るローンを背負ったあなたにとって、将来の生活費や親の入院介護費用、お子様の教育費用など、お金のかかる要素はいくつも重なってくるでしょう。サラリーマンも今や安定とは真逆のリスキーな生き方と言われる時代です。職を失いでもしたら一気に多重債務者に転落し、自己破産に追い込まれる可能性もあるのです。「でも自己破産して住宅を手放して家族を路頭に迷わせるわけにはいかないし…」もし今あなたがそんな悩みを抱えているのなら、一人で悩まずに専門家に相談をしてください。債務整理は法律に従って処理すれば確実に解決に向かって事態は進展します。埼玉県にはいくつも相談所がありますが、債務整理に特化した事務所をひとつご紹介します。それがこちら、弁護士法人グリーンリーフ法律事務所(http://www.gleaf-saimu.jp/)です。まずは無料相談で概要をお伝えして、きっかけを掴んでください。

銀行の金利が下がる一方、消費者金融の金利はけた違いに高いのが現実です。自転車操業のように返済のために借り入れを繰り返していては金利が膨らむばかりで一向に元金を返済することができなくなってしまいます。

そうなると債務整理の方法としては4つ、「自己破産」「任意整理」「個人民事再生」「特定調停」の中から手段を選択しなくてはなりません。もちろん債務整理を扱う弁護士や司法書士に相談するべきですが、借金額が大きい場合は司法書士が扱える限度を超える可能性もありますので、最初から弁護士に相談されることをお勧めします。

しかし弁護士に相談せず自分でなるべく解決したいと思われる方もいるでしょう。そういう方には「特定調停」をお勧めします。特定調停は比較的簡単に自分で申請手続きができますし、申請が取ると利息の見直しがされ、以降の利息は発生しなくなります。

ただし5年以内に返済できることが前提で、平日に裁判所に足を運ぶ必要があり、5年~7年はブラックリストに載ります。あまり知られていない方法ですが、手続きが簡単なのでまずご自身で手続きされてみるのも一考かと思われます。

普通に生活していても、家族が増えたり住宅ローンの返済額が増えたり、給料が減ったり、人員整理に遭って再就職先が見つからなかったり、親が倒れたり、資金ショートに陥る出来事はたくさん待ち受けています。
ビジネスをされている方はなおさらです。売り上げ不足、売掛金の焦げ付きなど、急いで借り入れをしなければ事業が立ち行かないこともあるでしょう。
そんなときあなたがすべき一番大切なことは、「絶対に一人で悩まないこと」です。弁護士は守秘義務がありますからあなたの秘密は決して外部に漏らしません。
越谷の江原法律事務所は、新越谷駅から徒歩30秒、家族にも言えない苦しみを弁護士と分かち合ってください。債務整理のご相談は無料です。
借金問題はどうしても、「お金を貸してもらっている」という負い目から、貸主に交渉できない方が多いものです。だからこそ第三者である弁護士が間に入ることで堂々と交渉ができるのです。
越谷近辺の方はぜひ無料相談をご利用ください。

埼玉弁護士会熊谷支部では、地域の皆さまのお悩みを解決させていただくために、無料の法律相談を受け付けております。対象となるご相談内容は、クレジットやサラ金関係、任意整理、過払金返還請求、自己破産、個人再生などの多重債務法律相談です。
法律相談の後、相談させていただいた弁護士とその場で依頼の契約をすることもできます。ご依頼の契約には、別途弁護士費用が必要となりますのでご了承くださいませ。弁護士費用につきましては、ご依頼の内容によって様々ですので、ご相談された弁護士とよく話し合ってからお決めください。
熊谷支部は、熊谷市だけでなく、深谷市、行田市、東松山市等、県内数か所に法律事務所を構える弁護士で組織された団体ですので、多くのご相談に対応できる体制が整っております。弁護士会では、地方自治体ともしっかり連携を図って地域の皆さまの法的お悩みを解決させていただくために日々業務にいそしんでおります。
ホームページはこちらです(http://saiben-kumagaya.jimdo.com/)

交通事故の被害に遭ったとき、治療の次に優先すべきは相手方との示談交渉、賠償を受けることです。しかしながら、交通事故の怪我には、レントゲンでもわからない「むち打ち症」など、高度な医学知識だけでなく長年の経験を持った専門家でなければ適正な賠償額がわからないので、外傷が治った時点ですぐに示談してしまうケースが多いのが現状です。

交通事故の早期解決は大切ですが、解決を急ぐあまりに「適正」とは言い難い条件で解決が行われているのです。被害者自身で加害者と交渉すると、保険会社の担当者を相手に回すことになります。保険屋さんは交渉のプロですから、素人が論破できる見込みはまずありません。

法律事務所は、被害者と加害者どちらの立場からも長年にわたる交通事故案件を扱ってきた経験から、適正な賠償額を見極め、相手方に請求していくために必要な証拠・根拠を揃えて相談者のために戦っていく体勢を整えています。

守秘義務を守り、適切なアドバイスと提案を行い、示談や訴訟の進め方など方針をしっかり示してくれるのが交通事故の法律事務所です。

交通事故の弁護士情報は、こちらへ。

4月1日に生活保護基準額の引き下げが行われます。これを受けて、埼玉県内の生活保護受給者らが集会「くらしの最低保障引き下げにNO!」をさいたま市浦和区で開催しました。受給者は生活保護費の減額によって、生きるために最低限必要な食費まで切り詰めている現状を切々と訴えました。集会の主催者は、埼玉県内の受給者や貧困問題に取り組む弁護士、司法書士によるグループ。古城英俊弁護士によると、生活保護費の引き下げに対する行政への不服申し立ての審査請求は、昨年8月から数えると全国で1万654件にのぼり、埼玉県内では369件あり、棄却決定の後、約150件が再審査請求にて口頭意見陳述を行っています。このことから、いかに行政と受給者の利害が対立しているかが伺えます。4月の引き下げに対しても審査請求ができることになっており、審査請求が増えることは必至とみられています。同集会では、全国の動きに合わせて訴訟を検討しているそうです。

あなたは埼玉弁護士会という組織をご存じですか?「弁護士が加入している団体じゃないの?」と思われるかもしれませんが、実は弁護士会は、弁護士法によって国から独立して弁護士を指導監督する自治権をもった公的団体です。ですから、弁護士会は弁護士の仕事や役割がみなさんの期待に応えられるよう、次のような活動をしています。「弁護士職務の厳正清廉を保つための懲戒手続き」「弁護士と依頼者の間の紛議調停」「ニセ弁護士や事件屋などによる被害を防止するための非弁活動の防止」「弁護士の案内により実際の裁判を見てもらう裁判傍聴会」「消費者被害や女性、子ども、障害者の権利侵害などについて、電話による法律相談」「裁判のしくみと弁護士の活動を知っていただくための出張法律講座・出張法律相談」「毎年1回、そのときどきの人権問題をテーマに講演会などを開催」他にも、お住まいの地域ごとの法律相談センターを公式ホームページで公開していますので、弁護士に初めて相談する方はぜひご活用ください。

埼玉 弁護士といえば、こちらの弁護士事務所も参考になるでしょう。

埼玉 弁護士|債務整理・交通事故・相続・離婚|エクレシア法律事務所